Category

美容

Category

40~50代にかけて増えてくる白髪のケアには、目的や白髪の状態に応じで選べるアイテムが数多く存在しています。

今回は、今の白髪の状態や悩みに応じて効率よく使える白髪染めアイテムの種類と、それぞれの特徴を解説。

ピッタリの白髪染めアイテムを活用しながら、本来の美しい黒髪に仕上げてくださいね。

白髪染めトリートメント

白髪染めトリートメントは普段使用しているトリートメントと同じように、シャンプーした後の髪に馴染ませて黒髪に導くアイテムのことを言います。

一般的な白髪染めよりも、キューティクルを剥がさずに髪の表面に黒い色を馴染ませて定着させていくため、頭皮や髪のダメージが気になる女性におすすめ。

白髪染めトリートメントは白髪を染めながら髪と頭皮のトリートメントができ、週に2~3回程度の手軽な使用感も人気のヒミツです。

白髪隠しアイテム

白髪隠しアイテムは今すぐに目立つ白髪をカバーしたい際に役立つ種類で、

  • 前髪や生え際などの細かな白髪をカバーするブラシタイプ
  • 手肌を汚さずに使えるスプレータイプ
  • フィット力に優れ落ちにくいファンデーションタイプ

 

などがラインナップされています。

白髪隠しアイテムはその形状にかかわらず、クレンジングや洗顔料、シャンプーなどで落とせる商品が一般的で、携帯できるコンパクトなサイズ感も特徴のひとつです。

白髪染めヘアマニキュア

白髪染めヘアマニキュアは塗布するとすぐに白髪がキレイな色味に染まる、発色の良さが特徴です。

白髪染めヘアマニキュアは黒髪を時短で染めながら、白髪をより目立たなくするツヤを与えるため、華やかな印象の髪色・質感が理想の40・50代女性に適しています。

白髪染めヘアカラー

白髪がなかなか染まらず、適切な白髪染めを選ぶまでに時間がかかってしまったことはありませんか?

白髪染めヘアカラーはキューティクルを剥がしながら内部に染料を浸透させていくため、数ある白髪染めの種類の中でも即効性があり、1回の使用でも白髪を目立たなくすることができます。

  • 白髪染めが初心者にもおすすめ、シャンプー感覚で使えるフォームタイプ
  • 髪をブロッキングしながらムラなく染めるコームタイプ
  • トリートメントやダメージケア成分配合の商品が多数のクリームタイプ

 

などなど、目的に応じた種類も多彩にラインナップされていますよ。

まとめ

白髪染めの種類とそれぞれの特徴を知っておくと、白髪の状態に合わせたカラーリングが実現しそうですね。

お出かけする機会が徐々に増えていくこの季節、ベストなタイプの白髪染めを使って、気になる悩みを簡単キレイに整えていきましょう。

参考:mybest「【2022年4月】白髪染めトリートメントのおすすめ人気ランキング34選【徹底比較】」

my-best.com/1101