Category

健康

Category

コロナ渦でも売れ続けている青汁

新型コロナウイルスの流行によって、2020年に外出自粛要請がなされて、5月25日には全地域で解除された記憶が残っている方が多いと思います。だけど外出自粛要請が解除されたとしても、コロナウイルスがゼロになった終息したわけでは無く、外出に伴って引き続きの感染リスクを下げるための免疫力を高める対策が必要です。腸内環境を整えられ、免疫力アップ効果も期待できる健康食品に、大麦若葉青汁があります。免疫力を上げられる食品には、発酵食品や蜂蜜などがありますが、その中で大麦若葉青汁が注目されているのには以下に挙げるような理由があります。

青汁はオールマイティにおすすめ!

人間の免疫機能を高めるためには、バランスのいい食生活に加えて、睡眠や運動やストレス軽減が大切と言われてます。そして免疫機能のおよそ70%を占めるのは腸にあると言われ、特に腸内環境を改善させる食物繊維と発酵食品などを摂取して、善玉菌を増やす事が大切です。それ以外に免疫機能に好影響を与えると言われているのが、抗酸化作用のある成分です。抗酸化作用とは人間は子供から高齢者まで生きるために呼吸が必要で、その呼吸の過程で一部の酸素が活性酸素に変化して、それが増加しすぎると細胞や組織にダメージを与えたり、免疫力も下げてしまいます。大麦若葉には腸内の善玉菌を増やす食物繊維に加えて、抗酸化作用の原因である活性酸素を消去するビタミンAやビタミンB群などビタミンや、亜鉛やセレンなどのミネラルやフラボノイドを豊富に含まれてます。

子供から大人まで青汁習慣!

大麦若葉青汁が良い理由は、大麦若葉を青汁に加工する事で、消化吸収の弱い子供から高齢者まで、より吸収しやすくなっている事です。免疫機能を高める様々な栄養成分が含まれている大麦若葉ですが、生でも食べられない事は無いですが、歯の衰えた高齢者や顎がまだ発達していない子供だとそのまま食べるのは難しいです。そんな硬い繊維質で包まれた大麦若葉を、青汁状の液体にする事で子供から高齢者まで飲みやすく、身体にも吸収しやすくなっています。

糖質制限って体にいいの?悪いの? 最近話題の糖質制限。「…

ひどく喉が渇く!糖尿病のサイン? 「暑くもないのに、やた…