Author

kana

Browsing

更年期は女性ホルモンのバランスが崩れやすく、自律神経も常に緊張状態となってしまうため、イライラや不安感などが強く出ると言われています。

穏やかな気持ちを取り戻して更年期を健やかに過ごすために、ここではイライラや不安感を緩和する、日常生活のポイントをわかりやすく解説していきます。

更年期のイライラ・不安感を取り除く食生活のポイント

40代半ばから50代に起こる女性の更年期は、この年代ならではの仕事や家事、育児の忙しさも相まって、余計にイライラしたり落ちこんでしまうことも多いのではないでしょうか?

イライラのケアに役立つ、

  • バナナ
  • ヨーグルト、チーズなどの乳製品全般
  • 納豆や豆腐などの大豆製品全般

 

の食べ物は、トリプトファンと言う栄養成分の含有が多く、更年期のイライラ対策に役立つと考えられています。

トリプトファンには穏やかな気持ちを取り戻す、幸せホルモンのセロトニン分泌の材料になるため、お伝えした食材を毎日の食事に積極的に補うようにしましょう。

自然の多い場所で更年期のイライラ・不安感を癒そう

緑豊かな自然の多い場所は、植物が持つフィトンチッドの作用によってイライラ・不安感が癒されていきます。

自然の中での散歩は幸せホルモンのセロトニンの分泌を活性したり、ポジティブな気分に導いてその状態を維持する効果も期待できるでしょう。

更年期のイライラ・不安感は良質な睡眠がカギ

更年期と日々の忙しさで心身ともに疲れているのに、ぐっすり眠れないと悩む40~50代女性も多いのではないでしょうか。

良質な睡眠で、イライラや不安感をなくす副交感神経を優位に立たせて穏やかさを取り戻すため、

  • 良質な眠りの障害になるスマホやPCを眠る前に見ないこと
  • ラベンダーやカモミールなどのリラックス作用のあるハーブティー、アロマを取り入れる
  • 肌触りが良く、心地よさを感じる寝具やパジャマに変える
  • 入浴後はカラダが保温されている状態のまま眠りにつく

 

という工夫をプラスしてみましょう。

この心がけで女性ホルモンと自律神経のバランスが整い、更年期によくあるイライラや不安感、怒りっぽくなるなどのトラブルが徐々に少なくなっていきます。

 

まとめ

更年期のイライラ・不安感は、この時期を過ごす女性誰にでも起こり得るもの。

いつもとは違った感情の揺らぎを決して責めずに、食生活と睡眠、自然に触れる習慣を早めに持って本来の健康な心身を取り戻してくださいね。

参考:オズモール「【婦人科医監修】更年期・イライラの症状を緩和する方法とは?|原因や対処、治療法を徹底解説」

www.ozmall.co.jp/healthcare/hormone/menopause/article/28458/#2

化粧下地はシミやシワをカバーすることはもちろん、ファンデーションのノリや持ちを良くしたり、色によって理想の肌色に整えられる、万能なメリットがあります。

ここではシミやシワをカバーする化粧下地について、色別の仕上がりイメージを解説。

シミやシワを目立たなくしながらも、理想の肌色で若々しい美肌に整えるために、色別の特徴を化粧下地を選ぶ際の参考にしてくださいね。

シミ・シワのカバーに化粧下地|色別の仕上がりイメージは?

化粧下地にいくつも展開されているそれぞれの色は、40~50代女性のシミ・シワをカバーしながら、なりたい肌色に導く理想的なメリットがあります。

ここではさっそく、化粧下地の色別の特徴と、肌色の仕上がりイメージを参考にしてみましょう。

ナチュラル

ナチュラルの化粧下地は、肌色やオークルなど、普段使っているファンデーションと似たような色合いとなり、シミやシワをカバーしながら素肌のような明るい肌色に仕上がります。

ファンデーションと同じような色味なのでお肌に馴染みやすく、化粧下地が初めての40・50代女性にも使いやすいカラーです。

ピンク

40~50代女性の愛用者が多いピンク色の化粧下地は、赤みの目立つシミをほんのり血色感のある肌色にカバーし、女性のやわらかさや上品さを引き立てる色味となっています。

イエロー

イエローカラーの化粧下地は、日本人女性の肌色にもっとも馴染みやすい色味と言われています。

イエローカラーの化粧下地は、シミや色素沈着による黄色くくすんだ肌色に統一感を与え、ほのかなトーンアップ効果で明るく快活な印象の肌色に導いてくれます。

グリーン

シミやシワは、その濃さや深み、範囲によって肌色全体がくすんで見えることもあります。

グリーンカラーの化粧下地は、暗くくすんでしまった肌色を均一に明るく整え、日焼けしやすい肌質の40~50代女性にもおすすめの色味となっています。

ラベンダー

シミやシワはもちろん、過剰な皮脂分泌によってお肌のテカリが気になる40~50代女性にもおすすめのラベンダーカラーの化粧下地。

くすみやシミ、シワの深さを目立たなくしながら、マットな質感で陶器のような美肌に仕上がるため、オイリー肌を気にする40~50代女性に適しています。

ラメやパール入りのホワイト

ラメやパール入りのホワイトカラーの化粧下地は、塗布するとブライトニング作用によって肌色が輝き、光の反射を受けながらシミやシワを明るくカバーします。

ほのかなツヤのある美肌に整うため、華やかで若々しい印象の肌色が理想の40・50代女性におすすめです。

まとめ

シミやシワをナチュラルにカバーしながら、理想の肌色に導く化粧下地。

シミやシワ、肌色の状態に応じた化粧下地の色を上手に選んで、メイクのたびに透明感・血色感のある理想の美肌を叶えてくださいね。

参考:ローリエプレス「コントロールカラーの色選びを解決!あなたにぴったりの下地のカラーを解説完全版♡」

laurier.excite.co.jp/i/E1564552566847

マスクを外すと顔がむくんでいて、いつもの自分の顔立ちに違和感を覚えてはいませんか?

ここではマスクを外してもスッキリシャープなフェイスラインといつもの顔立ちを維持するためむくみの原因と、マッサージ・ストレッチの改善・予防策をわかりやすくお伝えしていきます。

マスクを外すと顔がむくんでいる…その原因とは?

マスクを外すと顔がむくみ、顔立ちに違和感を感じてしまうのは、

  • マスクの摩擦・皮膚の締め付けによって表情筋が思うように動かせなくなる
  • 皮膚の内部に余分な水分・老廃物が溜まる

 

ことでむくみを引き起こすと考えられています。

むくみのないスッキリした顔立ち・フェイスラインは、顔に存在している20もの表情筋を動かすことが根本的な解決策に。

ですがマスク生活では長時間の皮膚への締め付け・摩擦によって表情筋が思うように動かなくなり、そこに乾燥や紫外線ダメージが加わって、長期的なむくみにつながってしまうと考えられています。

マスク使用後の顔のむくみを改善・予防!おすすめマッサージとエクササイズ

マスク使用後の顔のむくみを改善・予防するために、ここではおすすめのマッサージとエクササイズをご紹介。

マスク使用後の気になる顔のむくみを早めになくすために、仕事や家事の合間にマッサージとエクササイズを習慣付けて、スッキリした顔立ちとシャープなフェイスラインを取り戻しましょう。

顔のむくみにおすすめのマッサージ

ここでご紹介する顔のむくみにおすすめのマッサージは、マスク使用によってこわばりやすい表情筋・フェイスラインに刺激を与え、皮膚の血流を活性させる効果が期待できます。

  1. アゴの下左右にグーにした両手の拳を軽く添えます。
  2. そのまま耳の下側に向かって、拳をやや強めの圧をかけて皮膚を伸ばすように動かしましょう。
  3. 耳の裏側に中指の腹を当て、圧をかけて5回程度プッシュします。
  4. 耳たぶを上下、右に軽く引っ張り、5回程度ぐるぐると回しましょう。

 

耳たぶの裏側はむくみの原因となるリンパが滞りやすい部位と言われているため、マッサージを行うことでむくみはもちろん、肌色のくすみのケアにも役立ちますよ。

顔のむくみにおすすめの表情筋エクササイズ

次に、マスクをしながらでも手軽にできる、顔のむくみに効果的な表情筋エクササイズを見ていきましょう。

  1. 顎を上に向け、首を伸ばします。
  2. そのままの状態で「あ、え、い、う、え、お、あ、お」と表情筋を意識しながら声を出しましょう。
  3. ここまでの流れを10回程度繰り返します。

 

こちらの表情筋エクササイズは、マスク使用によって収縮している表情筋を伸ばし、血流の促進でむくみのケアに効果的です。

まとめ

マスク生活は表情筋が運動不足になりやすく、肌質や年代にかかわらずにむくみが起こりやすくなります。

お伝えしたマッサージ・エクササイズで、マスクを外した後もスッキリしたコンディションを維持していきましょう。

参考:ananNEWS「マスク生活で顔も運動不足!?むくみ・たるみに効く簡単マッサージ」

ananweb.jp/news/346999/

参考:家庭画報.com「ストップ、マスク老化!むくみを解消する「津田式静脈マッサージ」で顔すっきり」

www.kateigaho.com/migaku/115071/

つむじ割れはその部分だけ地肌が目立つため、

「まわりに気付かれているのでは…?」

「このまま薄毛になってしまうのではないか?」

と不安に感じますよね。

女性の気になるつむじ割れは、髪質やボリュームにかかわらず、ちょっとしたきっかけでもできることがあるため、早めに適切なケアをしておきたいもの。

ここではつむじ割れができる原因と、目立たなくする適切な対処法をわかりやすく解説していきます。

つむじ割れができる原因とは?

女性によくあるつむじ割れは、どのような原因でできてしまうのでしょうか?

つむじ割れができやすくなる、意外に気付くことのできなかった原因を見ていきましょう。

長期間髪の分け目を変えていないため

髪の分け目を長期間変えていないと、その分け目にばかり刺激や摩擦、紫外線ダメージがかかります。

すると割れ目ができた部分の頭皮ばかりが傷んで丈夫な髪が生えにくくなり、つむじ割れの範囲が広がってしまうと考えられています。

自然乾燥によるもの

シャンプー・タオルドライをしてから、ドライヤーを使うまでに間があったり、自然乾燥のまま過ごしてしまうことはありませんか?

濡れた髪は乾いた髪よりもクセが付きやすいことで、つむじの部分の髪が形状記憶的に割れた状態になってしまうと言われています。

つむじ割れを目立たなくする対処法

つむじ割れを目立たなくする対処法をひとつひとつチェックしながら、ふんわりとしたフォルムが活きた髪型を取り戻していきましょう。

髪の分け目を変えて長時間固定する

つむじ割れをすぐに目立たなくするためには、髪の分け目を変えて、半日程度その状態を維持しておくことがおすすめです。

タオルドライをし、ドライヤーをかける前の濡れた髪はクセが付きやすくなるため、このタイミングでつむじ割れが気になる部分の分け目を変えて、クシやピンなどで固定しておきましょう。

それからドライヤーをかけると分け目を変えた髪がつむじをカバーし、ドライヤーの熱によって新しい髪の分け目が固定しやすくなります。

つむじまわりの髪にボリュームを出す

つむじ割れが目立つ際には、そのまわりの髪をふんわりと立ち上げる、カールアイロンを使ってクセ付けすることがおすすめです。

根本からふんわりと立ち上がった髪はつむじ割れを自然に目立たなくし、また新しい印象・魅力を引き出してくれます。

つむじのまわりの髪は、割れ目を目立たなくできる、部分的なパーマをかけてみることも良いでしょう。

まとめ

つむじ割れは、髪と頭皮のケアがおろそかになっていることも原因のひとつです。

つむじ割れの範囲が広がってしまわないよう、タオルドライ後はすぐにドライヤーを使い、分け目を変える対処法でふんわりと美しい髪型を取り戻してくださいね。

参考:イクモア「女性のつむじ割れの原因と効果的な直し方!髪型を変えるのもあり」

iqumore.com/20181031_1

お仕事や家事、育児などで忙しい毎日を過ごす40~50代女性に人気のオールインワンジェルでも、販売数が多いことで選び方が難しいと感じてはいませんか?

40~50代女性のお肌悩みや好みの使用感にマッチしたオールインワンジェルを時短美容に役立てるため、選び方のポイントをわかりやすくお伝えしていきます。

時短美容におすすめのオールインワンジェル|選び方のポイントは?

化粧水からクリームまでの基本的なスキンケアがひとつで完了するオールインワンジェルは、ベースが水分となっているため、シミ・シワ・毛穴ケアのタイプにかかわらずにお肌の保湿が時短でできます。

40~50代女性のお肌悩みや、使い続けたいと思う使用感のオールインワンジェルを選ぶためのポイントをさっそく見ていきましょう。

機能性が充実したオールインワンジェルがおすすめ

オールインワンジェルは、化粧水・乳液・美容液・クリームの機能が一般的になっていますが、

  • アイケア
  • パック
  • ボディケア
  • 化粧下地
  • マッサージ
  • 美白や保湿、シワケアがトータルでできるもの

 

などの機能が備わった商品を選ぶと、ひとつで多彩な使用ができ、あれこれと化粧品を揃える手間やコストの負担をなくすことができます。

肌質に応じた質感・処方で選ぶ

オールインワンジェルは、乾燥肌・オイリー肌・敏感肌に適した質感・処方がそれぞれに異なっています。

  • 乾燥肌の場合:なめらか、しっとりの質感で乳白色の色味が一般的
  • オイリー肌の場合:みずみずしくゼリーのような質感、色味のない透明が一般的
  • 敏感肌の場合:香料やアルコール、パラベンなどを使っていない、無添加または低刺激処方が一般的

 

です。

オールインワンジェルを肌質に応じて選ぶようにすると、毎回心地よくお肌に負担をかけない時短美容ができるでしょう。

お肌悩みに合った成分が配合されているかをチェック

最適なオールインワンジェルを選ぶためには、今のお肌悩みに応じた成分が配合されているかどうかもチェックしておきたいポイントです。

  • シミやくすみが気になるお肌に:ビタミンC誘導体やアルブチン、プラセンタエキスなどの美白有効成分配合
  • シワやたるみが気になるお肌に:卵角膜やコラーゲン、エラスチンなどの弾力成分配合
  • 毛穴の黒ずみや角栓の詰まりが気になるお肌に:フルーツ酸やビタミンCなどの毛穴、皮脂収れん成分配合

 

などなど、お肌悩みに配合された成分が合っているかをチェックして選ぶと、時短で効果的なお手入れが可能になります。

まとめ

40~50代女性の時短美容におすすめのオールインワンジェルは、いろいろな化粧品を使うことのお肌への摩擦軽減にも役立ちます。

忙しさで疲れている際にも、シンプルなステップでお手入れが完了する万能なオールインワンジェルで、年齢を感じさせないうるおい美肌を育てていってくださいね。

参考:mybest「【2022年3月】オールインワンジェルのおすすめ人気ランキング39選【徹底比較】」

my-best.com/983

初夏のような陽気が続いているこの頃、半袖のトップスを着ようとしてヒジの黒ずみに気付き、強い焦りを感じてはいませんか?

ヒジは皮脂腺が少なく、摩擦を受けやすいことから、角栓の硬化や古い角質の蓄積で黒ずみが目立ちやすいパーツでもあります。

ここでは半袖のファッションアイテムを自信を持って着こなすために、ヒジの黒ずみを透明感ある状態に変えていくためのセルフケアをご紹介します。

週に一度のスクラブケアを

ヒジの黒ずみにおすすめのスクラブケアは、古い角質を取り除き、保湿をするアイテムの成分の浸透力を高める役割があります。

週に1回の頻度を目安に、ヒジの黒ずみにたっぷりのスクラブを馴染ませて、クルクルとまわすようにやさしくマッサージをするケアを習慣付けてみましょう。

ヒジのスクラブケアは、皮膚をやわらかくすることでもっちりしっとりした肌質に仕上げる効果も期待できます。

美白タイプの化粧水や美容液を馴染ませる

ヒジの黒ずみは、お肌のシミやくすみと同じ、メラニン色素が原因になります。

プラセンタエキスやビタミンC誘導体、アルブチンなどが配合された美白タイプの化粧水や美容液は、メラニン色素の発生を抑えたり、くすみを淡く目立たなくする効果が期待できます。

スクラブを使った後はもちろん、お風呂上りなどには欠かさずに美白化粧水または美液を使って、ヒジの透明感を引き出すケアを集中的に行いましょう。

クリームを塗ってラップパック

化粧水や美容液をヒジに馴染ませたら、うるおいを閉じ込めるためのクリームを塗布し、ラップでパックを行いましょう。

ヒジの黒ずみは、腕にまで広がってしまうことも少なくはないため、ヒジから5㎝程度のまわりの腕部分までもラップパックをすることがおすすめです。

ラップをヒジから腕にかけてクルクルとやさしく巻いたら、10分程度そのままにして外し、ハンドプレスを繰り返してうるおいを閉じ込めるケアを行いましょう。

ヒジの黒ずみを防ぐ日常生活のポイント

ヒジの黒ずみは、

  • 刺激を与えるようなゴシゴシ洗い
  • ヒジをつくクセによるもの

 

なども原因のひとつと考えられています。

ヒジは水分が少なく、摩擦や刺激のダメージをダイレクトに受けやすいため、洗う際はゴシゴシ洗いに気を付け、ヒジをつく体勢をできるだけ控えるように心がけてみましょう。

まとめ

ヒジの黒ずみは意外に目につきやすいパーツですので、本格的な薄着の季節はお肌と同じように集中的なケアがポイントになります。

なめらかで透明感のあるヒジを目指すセルフケアを積み重ねながら、40・50代女性の魅力的なオシャレを楽しんでくださいね。

参考:美ST ONLINE「半袖の季節になったら要注意!【ひじが黒ずむ】NG習慣と3つの解消法、教えます!」

be-story.jp/article/59836#heading3

 

 

ファンデーションはシワを時短でカバーする便利なコスメですが、厚塗りなどでシワが余計に目立ってしまう状態に悩んではいませんか?

ここではシワが目立つ部位別に、ファンデーションを使ってナチュラルにカバーする使い方のコツをお伝えしてみたいと思います。

ファンデーションでシワをカバー|使用前の準備

気になるシワを目立たなくし、なめらかな美肌に仕上げるためには、

  • 保湿をする
  • 化粧下地を使う

 

ことがファンデーションを使う前の準備になります。

お肌の乾燥はファンデーションのノリが悪くなり、ヨレやムラにつながることがあるので、使用前は丁寧な保湿をしましょう。

またファンデーションを使う前に、下地を塗っておくと厚塗りによってシワが目立ってしまう状態を避けることができますよ。

ファンデーションでシワをカバー|部位別の使用ポイント

ここからは、シワが目立ちやすい部位別のファンデーションの使用ポイントをチェックしてみましょう。

表情のクセなどが原因で目立つ額のシワは、

  • ファンデーションを塗ってからハイライトを馴染ませる
  • シワの方向に沿って、均等にファンデーションを塗る

 

ことでポイントになり、ハイライトの光の反射によってシワが目立たなくなります。

目元

皮膚が薄く乾燥しやすい目元は、細かなシワができやすい部位でもあります。

目元のシワのファンデーション使用ポイントは、

  • フィット力のあるリキッドやクッションタイプのファンデーションを使う
  • 少量ずつ均等に伸ばし、指の腹でプレスをしながら馴染ませる

 

という使い方を心がけておくと、シワの目立たないなめらかで明るい印象の目元に仕上がります。

ほうれい線

ほうれい線は深く長さがあるため、ファンデーションが入り込みやすい部位と言われています。

ほうれい線をファンデーションで目立たなくし、余分に入り込んでしまうことを防ぐためには、

  • 少量ずつを均等に塗り、2回程度重ね付けをする
  • リキッドを最初に、ワントーン明るい色味のパウダーファンデをサッと塗って仕上げる

 

ように使うと、ほうれい線の深さ・長さがカバーされて、顔立ちの若々しさにもアプローチできるでしょう。

まとめ

40~50代女性の気になるシワは、丁寧な保湿とパウダー・リキッドタイプファンデーションの使い分け、部位別の正しい使い方を押さえておくことでなめらか美肌に整えることができます。

丁寧なスキンケアとシワが目立つ部位別のファンデーションの使い方をさっそくマスターして、年齢を感じさせないお肌を手に入れてくださいね。

参考:KOSE「40~50代で特に気になる…シワをファンデーションでうまくカバーするコツ」

www.kose.co.jp/kose/make/make36.html

女性専用の育毛剤は、抜け毛や薄毛へのアプローチをはじめ、その種類によってさまざまな効果を期待することができます。

抜け毛や薄毛に悩む40~50代女性におすすめの育毛剤について、ここでは種類別に見る特徴を解説。

ベストな育毛剤を選んで悩みを解決するために、育毛剤の種類をぜひ参考にしてくださいね。

保湿や血行促進にアプローチする種類

抜け毛や薄毛の他にも、髪質の細さやパサつきが気になる40~50代女性におすすめの育毛剤が、保湿や血行促進に特化したタイプ。

髪と頭皮は年齢を重ねるごとに、ちょっとしたきっかけでも頭皮の乾燥や血行不良を引き起こしやすくなると言われています。

そのため血行促進にかかわりのある保湿と、頭皮の血行を促すタイプの育毛剤を選んでツヤとコシのある美髪・健やかな頭皮環境を目指しましょう。

女性ホルモンにアプローチする育毛剤

薄毛や抜け毛によって、髪のボリュームダウンが気になっている40~50代女性に合う育毛剤は、女性ホルモンのバランスを整えながら髪の成長を促す種類がおすすめです。

このタイプの育毛剤は、女性ホルモンバランスの乱れによってストレスダメージを受けた頭皮や髪をいたわる効果が期待できます。

また、ホルモンバランスが乱れやすい産後や更年期の抜け毛や薄毛のケアにも適切なタイプとなっています。

頭皮をケアするタイプの育毛剤

丈夫でしなやか・健やかな髪は、清潔な頭皮環境から生え、成長すると考えられています。

抜け毛や薄毛の他にも、頭皮環境の乱れやフケ、かゆみなどのダメージが気になる40~50代の女性は、スカルプケアに特化した育毛剤を選ぶようにしましょう。

頭皮ケアに特化した育毛剤は、髪を生やす土台となる頭皮状態を健やかに整え、毛根から太くしなやかな髪を育むサポートに効果が期待できます。

また揺らぎやすい頭皮・髪質にも安心に使える、低刺激や無添加処方のタイプが多いところも、このタイプの育毛剤の大きな特徴になります。

まとめ

40代~50代女性におすすめの育毛剤は、

  • 頭皮の毛穴にダイレクトに馴染んで浸透するスプレー
  • みずみずしい使用感で女性が好む香り付きの商品が多いミスト
  • 髪に適度なツヤを与えるジェル

 

などなど、使用感の好みに応じて選べる商品が多数リリースされています。

手軽な使い方で継続しやすく、シャンプーやトリートメントとは違った頭皮と髪の集中ケアができる育毛剤で、ツヤとコシのある豊かな美髪を取り戻していきましょう。

参考:EPARK mocobe「女性用育毛剤おすすめ12選!ボリューム&コシ悩みに。選び方も|20代~」

epark.jp/mocobe/hair-regrowth-tonic-for-women/

40~50代の女性に見られる更年期はさまざまな症状が出やすくなるため、仕事や家事、プライベートの楽しみの支障に感じてはいませんか?

今回は更年期に見られやすい症状と、それぞれに応じたセルフでできる手軽な対処法をご紹介。

更年期と上手に付き合いながら、40~50代女性それぞれが健やかに過ごすヒントをぜひ参考にしてくださいね。

更年期の主な症状とセルフでできる対処法

更年期は主にホットフラッシュや頭痛、憂鬱感やイライラなどが、自律神経や女性ホルモンの揺らぎによって出やすくなると言われています。

更年期のツラい症状を早めに解決して健やかな日常を取り戻すため、症状別のセルフでできる対処法を見ていきましょう。

ホットフラッシュのセルフケア

前触れもなく突然顔から首にかけてが熱くなり、大量の汗をかいてしまうホットフラッシュ。

自律神経の乱れが原因となるホットフラッシュは、ストレスや疲労を感じている際に生じやすくなると言われています。

ホットフラッシュが起こっても慌てずに過ごすために、

  • 接触冷感素材のストールを巻く
  • 汗をスピーディーにクールダウンする冷却シートを首に貼る

 

などの工夫を行うことで余分な熱を逃がすことができます。

頭痛や肩こりのセルフケア

更年期の頭痛や肩こりは、自律神経の過度な緊張状態によって血液・リンパ管のめぐりが悪くなることが原因のひとつと考えられています。

更年期の頭痛や肩こりを緩和するために、

  • 頭痛や肩こりにかかわりのある眼精疲労を取り除くケア(ホットタオルを目に当てるなど)
  • スマホやパソコンの見過ぎ、姿勢の乱れに注意する

 

というポイントを押さえておくと、肩こり・頭痛の改善と予防につながるでしょう。

イライラのセルフケア

更年期はホルモンバランス・自律神経の揺らぎによって感情のコントロールが難しくなり、ちょっとしたことでもイライラ・不安を感じやすくなります。

40~50代の更年期に当たる女性は、仕事・家事・育児・プライベートとやるべきことが山積し、つい無理をして頑張り過ぎてしまう傾向が…。

そのため、

  • 適度に休憩をする
  • たまには自分へのご褒美をする
  • ぐっすり眠れる環境への見直し、改善

 

などの工夫を取り、カラダとココロを休めてエネルギーをチャージしましょう。

まとめ

更年期のよくある症状に応じた手軽なセルフケアを知った今、少しは気持ちがラクになれたのではないでしょうか。

ご紹介したセルフケアで心身の健康と、40~50代女性ならではの深みある魅力を取り戻していきましょう。

参考:ルビーナ「更年期の症状と対策」

rubina.jp/symptoms/

長時間のマスク使用によるお肌への摩擦で肌荒れが起き、何か良い化粧品はないかと悩んではいませんか?

今回ご紹介する「シカクリーム」は、マスク肌荒れの救世主的なコスメとして注目を集め、40代・50代女性の愛用者が増え続けています。

ここではマスク肌荒れにシカクリームがなぜ効果的なのか、特徴とお肌へのアプローチをわかりやすくお伝えしていきます。

マスク肌荒れにおすすめのシカクリームとは?

シカクリームは、美容大国・韓国発祥の、マスク肌荒れはもちろん、さまざまなお肌トラブルに対応できるコスメとして注目を集めています。

シカクリームは、

  • 韓国の薬局で取り扱いがある、傷を修復するシリコンジェルシート、CICA-CAREが由来
  • 韓国でCICAは、お肌の傷を修復するという意味を持つ

 

という由来があり、今では日本でも国内で製造されたシカクリームが数多くラインナップされるようになっています。

シカクリームには、40代・50代女性のお肌悩み、目的、好みの使用感に合わせて選べる、

  • お肌にフィットしやすいクリームタイプ
  • べたつきが少なくみずみずしいジェルタイプ
  • 紫外線予防の日焼け止め、化粧下地に活用できるUVタイプ
  • 携帯もラクラク、お出かけ先でもマスク肌荒れのケアができるチューブタイプ

 

などのさまざまな形状がリリースされ、たくさんの女性にとって身近なマスク肌荒れ専用コスメとして注目されるようになっています。

シカクリームがマスク肌荒れに良い理由

マスク生活による肌荒れや、色素沈着の改善・予防に役立つシカクリームは、「ツボクサエキス」というお肌にやさしい天然の成分が配合され、さまざまなお肌トラブルにアプローチします。

ここではシカクリームのメイン成分となる、ツボクサエキスがマスク肌荒れに良い理由をまとめてみました。

肌荒れの抑制や改善

シカクリームのツボクサエキスは、中国で古い時代から皮膚のダメージ修復に働きかける成分として長く親しまれてきました。

シカクリームのツボクサエキスがお肌に馴染むと、マスク使用によるダメージを受けたお肌を癒し、優れた修復力で本来の健やかな美肌を取り戻す効果が期待されています。

お肌のバリア機能を強化する

マスク使用で肌荒れが起こってしまうのは、乾燥や摩擦、マスク内のムレなどによってお肌のうるおいが失われることが原因のひとつと考えられています。

シカクリームのツボクサエキスは、ダメージに負けないお肌を育てるためのうるおいを角質に補い、満たすことでバリア機能を高め、マスク肌荒れが起こりにくい肌質へと強化していくと考えられています。

まとめ

マスク肌荒れの抑制や保湿、ターンオーバーの活性で本来の健やかな美肌に導いてくれるシカクリーム。

マスク生活はまだまだ続くことが予想できるため、シカクリームの肌荒れケアでなめらか・うるおいのある美肌を取り戻していきましょう。

参考:ONPAMALL「マスクの肌荒れにもううんざり!シカクリーム効果で肌を補正しよう」

onpamall.com/article/AR1KXGS4P11L