Category

未分類

Category

炊き上がったご飯が含む水分量は?

お水がご飯の決め手な理由

ご飯を美味しく炊きたいというのは、お米を主食にする日本人にとって地味ながらとても大きなテーマです。
日本にはおいしい食べ物がたくさんありますが、それらを引き立て、また美味しさを増す役割を果たすのがお米。
炊き方や時間、どんな炊飯器を使うのか、こだわるポイントはたくさんありますが、特に大切なのが【水】です。
どのような水を使うかで、お米の美味しさは大きく変わってきます。
お水が大切な理由は簡単です。
お米は吸水力に優れた穀物なので、研ぐ時や炊いているときに沢山の水を吸収します。
炊き上がったお米は約60%が水分であると言われています。
お米が中にたっぷり含んだ水がいかに大きな要素になっているのかがわかります。

お米を炊くお水は浄水器!

お米を炊くためにおいしい水を使いたいと、ミネラルウォーターを使う人は少なくありません。
しかし、ミネラルウォーターよりもオススメしたいのが、浄水器で浄水したお水。
浄水器ならミネラルウォーターよりもコストが安く、炊飯以外の用途にも使い易いというメリットもあります。
ただの水道水でお米を炊くと水道水に含まれた塩素が嫌な臭いや風味を感じさせることがあります。
浄水器で塩素を除去すれば臭いや雑味が無くなるので、お水本来のクリアな味をしっかりとお米に吸水させることができるのです。
また、浄水機であれば研ぎ水にも遠慮なく使用できるのでミネラルウォーターを使用するよりもお財布に優しく使うことが出来ます。
秋や冬は季節の味覚も十分に楽しめる時期。
浄水器で炊いたあったかいご飯で味わってみてはいかがでしょうか?