Warning: compact(): Undefined variable $spacious_style in /home/daitoyakuhin/daitoyakuhin.co.jp/public_html/wp-content/themes/cheerup/content.php on line 36

40~50代女性が好んで食べる糖質の多い食べ物は、過剰な摂取をしてしまうと血糖値の上昇ばかりではなくお肌にも良くない影響を与えると言われています。

今回は糖質の過剰な摂取によるお肌の糖化について、原因や仕組み、健やかな美肌を取り戻す対処法をわかりやすくお伝えしてみたいと思います。

お肌の糖化とは?

お肌の糖化とは、糖質を多く含む食べ物を過剰に摂取することで、体内に存在しているタンパク質や脂肪が糖質と結びついて糖化し、お肌トラブルの原因となるAGEsという悪玉物質が大量に発生することを言います。

糖化現象が起こるとお肌の弾力を担うコラーゲンやエラスチンが劣化し、シワやたるみ、黄色っぽい肌色に変わるくすみなどが生じやすくなります。

またお肌が糖化すると、皮膚に酸素や栄養を送り届ける血管がもろくなり、乾燥肌やシミ、肌荒れなどが長期化してしまうことがあります。

お肌の糖化をリセット!健やかな美肌を取り戻すためにできること

糖質を多く含む食べ物は普段の主食や間食に摂り入れることも多く、適量であれば心身のエネルギー源になる重要な種類でもあります。

甘いものや炭水化物をメインに含む食べ物を過剰に摂った場合は、お肌の糖化によるさまざまなトラブルを考慮して、次にご紹介する対策を習慣づけてみましょう。

糖質を含む食べ物は食事の最後に摂る

甘いものや炭水化物を含む食べ物は、食事の最後に摂ることで急激な血糖値の上昇を防ぎ、お肌の糖化予防につながります。

日々の食事ではタンパク質や食物繊維を多く含む食べ物から補い、最後にごはんやパン、麺類などの主食を食べるようにしましょう。

ターンオーバーを助けるスキンケアを行う

甘いものや炭水化物の摂り過ぎによって糖化してしまったお肌は、この状態を修復するターンオーバーを助けるスキンケアを行うことがポイントです。

お肌のターンオーバーは、角質層にたっぷりのうるおいが満ちていると安定すると言われているため、日頃から保湿を十分に行いお肌を乾燥させないよう注意しましょう。

紫外線やストレスケアを徹底する

紫外線やストレスによって大量に発生する活性酸素は、お肌の細胞の老化を促進させたり、糖化のもととなるAGEsと結びついて糖化を悪化させてしまいます。

紫外線は天候にかかわらず一日中降り注いでいるため、家の中でも日焼け止めを使うよう心がけましょう。

またストレスを感じたらできるだけ早めにリラックスできる時間を設けて、活性酸素とAGEsの影響を少なくしていきましょう。

まとめ

子育てや仕事に忙しい40~50代女性は、食事の栄養バランスが乱れがちになってお肌の糖化が起こりやすいと言えます。

食生活と乾燥させないスキンケア、紫外線やストレス対策を十分に行い、糖化の影響をなくす習慣を心がけていきましょう。

参考:大正製薬「糖化してしまった肌は改善できる?見直したい生活習慣とは」

brand.taisho.co.jp/contents/beauty/561/

このエントリーをはてなブックマークに追加