Archive

6月 8, 2022

Browsing

40~50代女性の深刻なお肌悩みでもあるシミ・シワは、どちらかのアプローチのみの美容成分が一般的だったため、物足りなさを感じることもあったのではないでしょうか?

今回ご紹介するナイアシンアミドは、シミ・シワの両方に効果が期待できるエイジングケア成分として注目され、数多くの化粧品に使用されるようになっています。

ナイアシンアミドがどのような美容成分なのか、ここではシミ・シワに効果的な理由を解説していきますので、透明感と弾力のある理想の美肌を目指す参考にしてくださいね。

ナイアシンアミドとは?

ナイアシンアミドは、肉類や魚類に含まれているビタミンB3のひとつ、ニコチン酸アミドと呼ばれることもある美容成分です。

ナイアシンアミドはさまざまな研究によって、シワやシミの効果が厚生労働省から認可され、

  • 一般化粧品
  • 医薬部外品や薬用

 

の種類が展開されています。

医薬部外品や薬用のナイアシンアミド配合の化粧品は、ナイアシンアミド配合の一般化粧品に比べると、この美容成分の濃度が高い特徴があります。

そのため比較的早い段階でシミやシワの改善、予防効果が期待できると考えられています。

ナイアシンアミドがシミ・シワに効果が期待できる理由

シミとシワの両方にアプローチできる成分や化粧品はこれまでにあまり見られなかったため、ナイアシンアミドはこのお肌トラブルに悩む40~50代女性に理想的な成分と感じられるのではないでしょうか。

ここではナイアシンアミドについて、シミとシワへアプローチする仕組みと効果が期待できる理由をまとめてみました。

ナイアシンアミドのシミへのアプローチ

シミやくすみ、そばかすは、紫外線を受けて発生したメラニン色素がお肌の表面に移動してできることが原因のひとつと言われています。

ナイアシンアミドは、シミやくすみ、そばかすの原因となるメラニンの生成を抑えたり、メラニン色素がお肌の表面に運ばれて浮かび上がるのを抑制する働きがあると考えられています。

ナイアシンアミドのシワへのアプローチ

人間のお肌の深部には、お肌弾力の維持に働きかけるコラーゲンやヒアルロン酸、エラスチンを産生する線維芽細胞が存在しています。

ナイアシンアミドは、線維芽細胞に作用して肌弾力を高めるためのさまざまな美容成分の産生を活発に促すと考えられています。

そのためナイアシンアミド配合の化粧品を継続的に使用していくと、お肌にうるおいが保持され、シワやたるみの目立たない肌状態に整っていきます。

まとめ

シミ・シワ改善の効果が認可されている期待の美容成分、ナイアシンアミド。

好みの使用感やブランドのナイアシンアミド配合化粧品をぜひ活用して、シミ・シワのない若々しい美肌を手に入れてくださいね。

参考:美容医療のかかりつけ わたしの名医「ナイアシンアミドを配合した化粧品のスキンケア効果は?」

mymeii.jp/beauty-essence/niacinamide/