Archive

12月 2021

Browsing

こんにちは。東京都在住のフリーライター、27kc96です。

突然ですが、皆さんは自分の免疫力について気にしたことはありますか?

自分自身の免疫力をあらためて気にした人は少ないかもしれませんが、免疫力は高いに越したことはありません。

免疫力が低いと身体に様々な悪影響を及ぼすので、生活習慣に取り入れることが大切です。

それでは、免疫力の大切さや、免疫力をアップさせるおすすめの方法についてご説明しましょう。

免疫力が下がるとどうなる?

そもそも免疫力とは体内にある自己防衛システムのことで、基本的に体内に侵入してきた細菌やウイルスを撃退する役割を持っています。

体中の免疫細胞が協力し合って細菌やウイルスを撃退しているからこそ、私たちは病気にかかることなく健康的に生活しているのです。

しかし、様々な人を比較してみると、病気になりにくい人となりやすい人に分かれています。

何故なら、病気になりやすい人は免疫力が低下していることが要因の一つとして挙げられるため、細菌やウイルスが活発になりやすくなっています。

免疫力が下がることによってウイルスや感染症にかかりやすくなりますし、肌が荒れたりアレルギー症状が発生しやすくなったり、下痢しやすくなったり疲れやすくなったりと様々な悪影響が出てくる可能性が高くなります。

健康的でいるためには、免疫力を上げる必要性があるでしょう。

免疫力を上げるならビタミンDを摂取するのがおすすめ!

免疫力を上げるならビタミンDを摂取するのがおすすめです。

なぜビタミンDを摂取するのがおすすめなのかというと、ビタミンDには免疫機能を調節する働きがあるからです。

体内にウイルスなどが侵入してきた時に不要な免疫反応を起こすのを抑えつつ、必要な免疫反応を活発化させる役割があります。

つまり、ビタミンDを積極的に摂取することによって免疫力を高めることができるので、免疫力を高めたいなら普段から心がける必要性があるでしょう。

ビタミンDを初めとするビタミン類は体内で生成することができないため、食品などから摂取することになります。

ただ、ビタミンDは日光を浴びることによって体内で生成できるという唯一の特徴があります。

したがって、ビタミンを効率良く生成するために1日20分~30分の散歩やジョギング、ウォーキングなどを日課にするのがおすすめです。

同時に運動不足の解消にもなりますし、免疫力を高められるので一石二鳥です。

さらにビタミンDには骨を丈夫にする働きがあるので、骨折にしにくくなるメリットもあります。

免疫力を高めるためにも、日光を浴びるようにしましょう。

効率よく、サプリメントを活用することもオススメです。

是非とも日常生活の中でビタミンDを取り入れてみてはいかがでしょうか。