寝てる間に忍び寄る怖い病気

夜十分寝ているはずなのに、昼間強い眠気に襲われる

そんな症状があったら、睡眠時無呼吸症候群が疑われます。
睡眠時無呼吸症候群は、睡眠中一時的に呼吸が止まり、無呼吸状態が生じる病気。
不快睡眠がとれないため、日中眠気に襲われるのです。

他にも、いびきがひどい、朝頭痛がする、夜間頻繁にトイレに行く、などの症状がみられます。
睡眠中に呼吸が止まると、血液中の酸素濃度が下がるため心臓の働きが強まり、高血圧になりやすく、
また、動脈硬化が進み、心筋梗塞や脳梗塞も起こしやすくなる危険もあります。

いびきはよく寝ている証拠?

就寝中のことなので、本人が気づきにくいという点もこの病気の特徴。
いびきがひどい、呼吸が止まるといった症状は、身近にいる家族が気づいてあげることも大切です。

「いびきをかいているからよく寝ている証拠だ」などと勘違いしないようにしましょう!
最近では睡眠時無呼吸症候群を専門に扱うクリニックもあります。

そうした病院が近くになければ、呼吸器科や耳鼻咽喉科を受診するとよいでしょう。
他の重篤な病気にも至りかねない怖い病気ですので、早めに医療機関を受診されることをお勧めします。

関連記事

  1. 若さの秘訣

  2. ナッツの秘密

  3. お水で変わる!?美味しいご飯を炊く方法

  4. インフルエンザ

  5. 女性だけじゃない!早期発見で助かる「がん」

  6. 寝起きから疲れている貴方へ!「L-テアニン」で快調な目覚め