骨盤測定

骨盤が歪んでいると、毎日の生活に支障がおきたり、病気にかかりやすくなります。
そこで、骨盤測定をしてみましょう。
やり方は簡単。目を閉じ、片足立ちで10秒以上グラつかずに立っていられるかどうか。
10秒も立てない人は骨盤の歪みが心配です。骨盤は内臓を支える土台。
骨盤が歪んでいると、内臓が下がって圧迫され、昨日が鈍くなってしまいます。
また、代謝が悪くなり痩せにくい体質になることも。
気になる人は整体で細かく調べてもらうといいかもしれません。

関連記事

  1. 肌と心の保湿

  2. 寝起きから疲れている貴方へ!「L-テアニン」で快調な目覚め

  3. ただの「睡眠不足」で片付けてませんか?

  4. インフルエンザ

  5. 糖質制限

  6. 女性だけじゃない!早期発見で助かる「がん」