寝起きから疲れている貴方へ!「L-テアニン」で快調な目覚め

寝たはずなのに疲れているのは精神的な疲労から

 

寝たはずなのに疲れがまだ残っている、それは睡眠不足以外に精神的な疲労が疑われます。
仕事や育児に生活の不安感・ストレスなどが脳に負担をかけ、「疲れ」を感じるようになるのです。
脳の負担が増えると、身体も疲れを認識するようになり日常生活のパフォーマンスの低下を引き起こし、睡眠による回復量も下げてしまいます。
仕事や育児を放棄するわけにはいきませんし、かといって不安やストレスから簡単に逃れる方法も見つけ辛いので、現実的な対処法を見付けることが重要です。

寝起きの不快感を放っておくと・・

 

寝起きの際に感じる不快感は、何もせずに放っておくと自律神経失調症を引き起こす可能性があります。
暖かい室内なのに手足の指先が冷たくなったり、精神状態が不安定になって気持ちが悪くなるケースもあります。
胃のムカつきや消化器の不良も起こりますから、自律神経失調症の原因は何としても早めに解消したいところです。
また、精神が不安定な状態が続くので、やがて鬱病を併発する可能性もあります。
これらの根本には脳疲労があって、眠って回復する肉体的な疲れとは異なる性質です。
脳の回復が間に合えば良いですが、強いストレスにさらされていたりすると、睡眠では回復できない事態に陥ります。

 

L-テアニンが効果的な理由

 

今注目されているこの成分は、脳をリラックスさせるのに良い働きをもたらします。
興奮を抑えリラックスさせる脳内物質を増やし、睡眠の質や目覚めを変えてくれます。
具体的には、脳の興奮状態を左右するセロトニンやドーパミンなど、これらのホルモンをコントロールするのが主な働きです。
脳内物質に影響を与えるので、安全性や信頼性が気になるものですが、成分的にはありふれたアミノ酸なので安心です。
食事と共に摂取を行うと、疲れをためない脳を守る状態へと導かれるので、頭がスッキリとして体も軽く感じられます。
現代人は、気持ちを落ち着かせる脳内物質が少ない傾向で、特にストレスが原因だと考えられています。
十分な休息や、普段とは異なる開放的な時間が過ごせると良いのですが、中々自由な時間を取れないのが現実です。
そこで脳を休める睡眠が重要となりますが、興奮状態が続いたり深く眠れない脳の状態などで、結果的にしっかりと休めていない人が多いのです。
脳内物質を増やしてくれる良質なアミノ酸は、脳を守り生活の質を高めるのに役立ちます。

気になる方はコチラから↓

https://item.rakuten.co.jp/daitoyakuhin/d_teni/?iasid=07rpp_10095___e9-jo5d7xxe-2pvk-35e786bf-ed7e-4b20-a95c-bfe1bbd2ea20

 

関連記事

  1. 水と脂

  2. 糖尿病

  3. その肌荒れはお風呂のせい?入浴と塩素の関係

  4. 糖質制限

  5. 肌と心の保湿

  6. インフルエンザ