その肌荒れはお風呂のせい?入浴と塩素の関係

そのお風呂大丈夫ですか?

自宅でお風呂に入るときは水道水をわかすことが多いですが、水道水には衛生基準を守るためにある程度の残留塩素が含まれています。

プールや大衆浴場などに行くと、衛生管理を正しく行うために塩素の濃度を濃くすることが行われています。
塩素を入れることによって、感染症や感染しやすい水虫などのウィルスの活動を抑えることができ、雑菌の繁殖や病気がうつることを防いだりするというメリットがあるからです。

勿論、濃度はこれらの施設より低いですがお風呂のお湯にも同様に塩素は含まれています。

衛生的な面でも役割やメリットがある反面、肌の弱い方・皮膚組織が発達しきっていない赤ちゃんや幼児はこの塩素が原因で肌がぴりぴりしたり痒くなることがあります。
敏感肌の方や乳幼児は肌のバリア機能が普通より弱いので、塩素が肌がもつバリア機能を壊してしまうからです。

解決方法はないの?

ただ、その入浴による肌荒れは、ケアして改善する方法があります。

入浴するときに、塩素を中和させる効能がある【ビタミンC】で湯船の塩素を中和して無くしてしまう方法です。
お茶の葉やレモンを直接湯船に入れても効果はありますが、即効性や手軽さからも粉末のビタミンCが便利で効果も安心です。

敏感肌やアトピー症状に悩んでおられる方は、一度試してみることをオススメします。

関連記事

  1. 姿勢

  2. 水と脂

  3. 女性だけじゃない!早期発見で助かる「がん」

  4. 寝起きから疲れている貴方へ!「L-テアニン」で快調な目覚め

  5. 唇の乾燥に

  6. インフルエンザ